トレンド系とオシレーター系を組み合わせよう

メタトレーダー(MT4)に欠かせないインディケーター

トレードに欠かせないメタトレーダーのチャートをより分かりやすく分析できるインディケーターを活用しましょう。インディケーターには、トレンド系とオシレーター系があります。

MT4を使って相場を見ながら取引をすることを「テクニカル分析」といいます。
テクニカル分析には「トレンド系」と「オシレーター系」のインジケーターが存在しています。

トレンド系とオシレーター系のインジケーターは全く異なる視点で相場を見ていくので、状況によってどちらを使えば勝率が高くなるかが変わるといわれています。
トレンド系とオシレーター系のインジケーターを組み合わせて使っている人がほとんどでしょう。

トレンド系指標とは今トレンドが発生しているのか、もしトレンドが発生している場合は上昇トレンドなのか、下降トレンドなのかを判断するための指標です。
トレンドが発生している場合はそのトレンドに沿って予想をする順張りで取引をしていくと勝率が上がるといわれています。

オシレーター系指標とは現在の相場が買われすぎているのか、売られすぎているのかを判断する指標です。
バイナリーオプションでは、上がりすぎているのか下がりすぎているのかが判断できるようになります。

値動きの少ないレンジ相場(動きが少なくもみ合っている相場)では、逆張りでトレードすれば勝率が上がるといわれています。

おすすめのトレンド系インディケーター

おすすめするトレンド系のインディケーターは、
・移動平均線
・ボリンジャーバンド

移動平均線のシグナル は、主に以下のポイントです。
ゴールデンクロスが発生して、2本のラインが上向き →「High」でエントリー
デッドクロスが発生して、2本のラインが下向き→「Low」でエントリー
クロス発生で、2本のラインが別々の方向 →騙しの可能性大なので様子見

ボリンジャーバンドのシグナルは、主に以下のポイントです。
ローソク足が±2σを抜けたらトレンド発生
ローソク足のヒゲが±2σを抜けただけの時は騙しの可能性
ローソク足が±3σにタッチしたらトレンド発生
レンジ相場では±2σを抜けたり、±3σにタッチしたら逆張りでエントリー
バンドの感覚が狭くなったら強いトレンドが発生する可能性有り

おすすめのオシレーター系インディケーター

おすすめするオシレーター系のインディケーターは、
MACD(Moving Average Convergence Divergence)
RSI(Relative Strength Index)

MACDのシグナル は、主に以下のポイントです。
MACDが0ラインより上で、シグナル線が下 →「High」でエントリー
MACDが0ラインより下で、シグナル線が下 →短時間で「High」エントリー
MACDが0ラインより下で、シグナル線が上 →「Low」でエントリー
MACDが0ラインより上で、シグナル線が上 →短時間で「Low」エントリー
ゴールデンクロス発生、2本ライン上向き →「High」でエントリー
デッドクロス発生、2本ラインが下向き→「Low」でエントリー
クロス発生、2本ラインが別々の方向 →騙しの可能性大で様子見

RSIのシグナル
70~80の天井ライン接近・超えた →「Low」でエントリー
20~30の底値ライン接近・超えた →「High」でエントリー